ホーム > イベント情報 > シンポジウム > 公開シンポジウム「シストセンチュウ、ネコブセンチュウ、アブラナ科根こぶ病菌の共通点を探る」の開催(2019.9.12)

シンポジウム

公開シンポジウム「シストセンチュウ、ネコブセンチュウ、アブラナ科根こぶ病菌の共通点を探る」の開催(2019.9.12)

日本線虫学会第27回大会の一環で表記の公開シンポジウムが開催されます。どなたでも無料で参加できます。

「土壌病害虫」としてひとくくりにされることが多いセンチュウとアブラナ科根こぶ病菌は、日頃は別々の学会で扱われることが多いが、今回はあえて同じ土俵で扱い、生態面や防除の面からの共通点を探るという趣向です。演者の方々には専門家でなくてもわかるようにお話しいただきます。

 

日時:年912日(木)14:0017:00

会場:研究交流センター (茨城県つくば市竹園2-20-5)

      http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/kouryucenter/

演題及び演者:

S1 岡田浩明  (農研機構中央農研)「シストセンチュウ、ネコブセンチュウ、アブラナ科根こぶ病菌の共通点を探る」(イントロダクション)

S2 上杉謙太(農研機構 九州沖縄農研) 「ネコブセンチュウの生態と防除」

S3 浅水恵理香(龍谷大)「サツマイモネコブセンチュウゲノム解読で見えてきたこと」

S4 中西 充(香川農試)「土壌の健康診断に基づくブロッコリー根こぶ病管理」

S5 伊藤真一(山口大)「新興アブラナ科野菜根こぶ病菌の病原性および遺伝系統解析」

総合討論

 

その他:日本線虫学会第27回大会(91113日、同会場)については下記に掲載しています。

    http://senchug.org/

学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る