ホーム > イベント情報 > シンポジウム > R.ラル博士による講演(2019.9.2および2019.9.4)のお知らせ

シンポジウム

R.ラル博士による講演(2019.9.2および2019.9.4)のお知らせ

35回日本国際賞(Japan Prize)を受賞されたR.ラル博士(オハイオ州立大学特別栄誉教授/炭素管理・隔離研究センター 長)による講演が201992日(東京)および94日(静岡)に行われます。

ラル博士の受賞については、会誌903号の国内外情報「Rattan Lal博士、日本国際賞Japan Prize受賞」で犬伏和之前会長が紹介しており、今回の講演は貴重な機会となりますので、多くの皆様の参加を期待しています。

 

1.日本学術会議シンポジウム「土と持続可能な開発目標(SDGs)-アフリカの土・市街地の土-」における基調講演

講演タイトル:「食糧安全保障強化と気候変動緩和のための持続的土壌管理手法の確立(仮題)」

 シンポジウム日時:201992日(月)、13:0016:00

開催場所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34、地下鉄千代田線乃木坂駅5出口)

シンポジウムの案内:日本学術会議のWebサイト(http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html に掲載される予定です。

 

2.日本土壌肥料学会2019年度静岡大会における特別講演

 講演タイトル:タイトル:「地球の炭素循環に負のフィードバックを与え食料保障・栄養保障に正のインパクトを 与える土壌管理を」

 *特別講演では、ラル博士の講演に先立ち、小﨑 隆IUSS会長による「R. Lal博士の第35回日本国際賞受賞の意味するもの -今、国内外の土壌・植物栄養学コミュニティは何をなすべきか-」が行われます。

 特別講演日時:201994日(水)、16:4517:30

 開催場所:静岡県コンベンションアーツセンターグランシップ(静岡市駿河区3-1JR東静岡駅南口)

 **聴講は、静岡大会参加者が対象となります。


学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る