ホーム > イベント情報 > シンポジウム > 第33回環境工学連合講演会「SDGsに向けた環境工学の役割」(2020.5.19)

シンポジウム

第33回環境工学連合講演会「SDGsに向けた環境工学の役割」(2020.5.19)

環境工学連合では、第33回講演会「SDGsに向けた環境工学の役割」(環境工学連合講演会チラシpdfを開催します。

昨年の第32回講演会では、総合テーマ「限界の認識と目標の達成」のもとSDGsも念頭に置きつつ、地球環境の限界、人間の限界、そして目標達成への道筋の在り方などについて総合的な議論を行いました.今年の第33回講演会では、それらの議論を足掛かりとして、さらに、各学協会における環境工学関連の研究・技術開発の具体的な取り組みを紹介いただき、それらがSDGs目標の達成に向けてどのように貢献することが期待されるのか、さらには、より大きな貢献を果たすためにどのような取り組みが今後求められるのかを議論します.

なお、本会からは江口定夫氏(農研機構 農業環境変動研究センター)が「食料生産~消費システムの窒素フローと窒素フットプリント」を講演します。

〇開催日時:2020年5月19日(火)9:30~17:05

〇開催場所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34

〇主催:日本学術会議土木工学・建築学委員会

〇共催:化学工学会、環境科学会、環境資源工学会、空気調和・衛生工学会、資源・素材学会、地盤工学会、静電気学会、 大気環境学会、土木学会(幹事学会)、日本LCA 学会、日本化学会、日本機械学会、日本建築学会、日本水道協会、日本セラミックス協会、日本鉄鋼協会、日本土壌肥料学会、日本分析化学会、日本水環境学会、廃棄物資源循環学会

〇参加費:無料(講演論文集は当日無料配布)

〇申込み:専用フォーム( http://committees.jsce.or.jp/eec/node/58 )

〇定員:200名、申込先着順(定員に余裕があれば当日参加も受付けます)

〇問合せ先:土木学会事務局環境工学連合講演会担当桃井(momoi@jsce.or.jp


学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る