ホーム > お知らせ > 募集 > 【キヤノン財団】 2020年度研究助成プログラムの募集(2020.6.1~6.30)

募集

【キヤノン財団】 2020年度研究助成プログラムの募集(2020.6.1~6.30)

キャノン財団では、2つの研究助成プログラムの募集を行います。
財団ホームページの「公募のご案内」に従い、電子申請および応募書類の提出が必要です。 http://www.canon-foundation.jp/

 
研究助成プログラム「善き未来をひらく科学技術」:
善き未来につながる新しい価値の創出をめざし、そのために必要な科学知識を獲得する 研究、およびその展開を図る基礎技術研究を対象とするプログラムです。 善き未来をひらくには、科学技術が人類社会の繁栄に貢献する一方で生み出してきた 不都合な問題に対峙し、また未来社会に予見される新しい課題を発見し解決することが 必要になります。それらを可能にする革新的な知識、知恵、情報、技術などを獲得する 科学技術研究を提案し、取り組んでいただきます。

助成期間:原則3年間

助成金額:1件あたりの申請総額の上限 3,000万円

助成研究数:3件程度

助成対象:日本国内の大学、大学院、高等専門学校、公的研究機関等に勤務する研究者

電子申請期間:20206110時~202063015

研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」:

新産業の実現による新しい価値の創出をめざし、そのために必要な技術を確立する研究、 およびその基礎となる科学的研究を対象とするプログラムです。 次の時代をリードする新産業を生むには、不確実で多様性に富んだこれからの社会の 豊かさを形づくる革新的なモノやサービスを実現することが必要となります。それらを 可能にする要素技術を確立し、機構・機序を解明し、システムとして構成させる科学技術 研究を提案し、取り組んでいただきます。    

助成期間:原則3年間

助成金額:1件あたりの申請総額の上限 2,000万円

助成研究数:10件程度

助成対象:日本国内の大学、大学院、高等専門学校、公的研究機関等に勤務する研究者

電子申請期間:20206110時~202063015

 

選考方法/結果通知 :

キャノン財団の選考委員が書類審査による一次選考、および面接による二次選考を行います。 202010月中に一次選考結果が通知されます。

202012月に二次選考結果の内示を予定しています。

20213月に開催予定のキヤノン財団理事会において正式決定されます。

学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る