ホーム > お知らせ > 事務局より > 2019年度「土と肥料」の講演会のお知らせ(2019.5.11)

事務局より

2019年度「土と肥料」の講演会のお知らせ(2019.5.11)

2019年度「土と肥料」の講演会のお知らせ

 

 総会後に,「土と肥料」の講演会を同会場で行います.

米価の低迷や農業者の高齢化などを背景とした土づくりの減退が続いています.それに伴い懸念される事項として,腐植や地力窒素の低下,可給態ケイ酸の不足,pHの低下などの進行がしばしば指摘されるところですが,その他にも田んぼの土の変化によると考えられる作物へ影響が顕わになりつつあります.

例えば,平成1015年に行われた土壌環境基礎調査によれば,水田調査地点の約3割がカリ過剰であり,平成20年の肥料高騰時にはリンとともにカリも減肥対象候補とされました.しかし,食味重視の点から窒素追肥量が減り,従来NK肥料として追肥時に施用されていたカリの施用量も減るなかで,土の保肥力や灌漑水質などの条件によっては,水稲のみならず輪作される大豆や麦にもカリ不足の影響が認められる例が生じています.

一方,水田では秋落ちによる減収を助長しないために硫安などのイオウを含む肥料を避ける指導が従来の主流でした.しかし,近年,水稲のイオウ欠乏が原因とみられる生育停滞が散見されるようになっています.

そこで,今回の講演会では,水田におけるカリとイオウの不足の事例を採り上げ,土と肥料の現状と課題について2つの講演をいただきます.

 参加費は無料です.会員・非会員を問わずどなたでも参加できます.多くの方々の来場をお待ちしています.

 

日 時2019511日(土)1430分~16

場 所:東京大学山上会館(〒113-8654文京区本郷7-3-1

テーマ:田んぼの土と肥料を考える

~カリとイオウの不足を例として~

講演者と演題

中田 均 氏(富山県農林水産総合技術センター)

「富山県におけるカリ不足土壌の現状と課題」

菅野均志 氏(東北大学 大学院農学研究科/農学部)

「水稲におけるイオウ欠乏の現状と対策」

 

ポスターは、こちら(2019土と肥料の講演会ポスター.pdf)です。



学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る