ホーム > お知らせ > 事務局より > 2021年度「土と肥料」の講演会「東日本大震災10年:被災農地の復興における土壌肥料学の貢献」オンライン同時配信のお知らせ(2021.5.22)

事務局より

2021年度「土と肥料」の講演会「東日本大震災10年:被災農地の復興における土壌肥料学の貢献」オンライン同時配信のお知らせ(2021.5.22)

新型コロナウィルスにつきましては、首都圏4都県に出されていた緊急事態宣言が321日に解除されました。しかしながら、新型コロナウィルスの感染再拡大については予断を許さない状況にあります。日比谷図書文化館へお越しの方は、マスクを着用し、新型コロナウィルスの感染防止に十分なご配慮をお願いいたします。また、感染防止のためにホールの入場定員を100名に制限させていただきますので、参加者多数の場合は入場をお断りする場合のあることをご理解ください。

そのため、今回は、講演会を、Zoom ウエビナーによって同時オンライン配信いたします()。なお、新型コロナウィルスの状況によっては変更もあり得ますので、最新の情報を土壌肥料学会ホームページ( http://jssspn.jp/info/secretariat/index.html )でご確認ください。

参加費は無料です。会員・非会員を問わずどなたでも参加できます。

 

日 時: 2021522日(土)午後3時~440
場 所: 千代田区立日比谷図書文化館  大ホール (地下1階)

東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」 (B2出口より徒歩約3分)

東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」 (C4出口より徒歩約3分)

都営地下鉄 三田線「内幸町駅」 (A7出口より徒歩約3分)

JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10

テーマ: 東日本大震災10年:被災農地の復興における土壌肥料学の貢献 (→ポスター.pdf

講演者と演題:
 西田瑞彦(東北大学大学院農学研究科)

「東日本大震災津波被災水田の復旧と復興 」      

信濃卓郎(北海道大学大学院農学研究院)

「東京電力・福島第一原発事故による放射性物質の農地汚染とその対策」

オンライン配信へのご参加をご希望の方は、学会事務局宛(sfpoffice@jssspn.jp)に参加希望者の氏名およびE-mailアドレスを記載の上、件名を【2021土と肥料】としてメールをお送りください。学会事務局より受信確認を返信します。517日(月)までに受信確認メールが届かない場合は事務局へお問い合わせください。参加受付は、516日(日)で締め切ります。参加登録された方へ517日(月)~520日(木)にオンライン参加に関するご案内のメールをお送りします。


学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る