ホーム > イベント情報 > シンポジウム > 公開シンポジウム「食料自給率の動向と見通し-食料・農業・農村基本法改正に向けて」(2024.2.3)

シンポジウム

公開シンポジウム「食料自給率の動向と見通し-食料・農業・農村基本法改正に向けて」(2024.2.3)

標記シンポジウムが、日本学術会議農学委員会・食料科学委員会の主催、日本農学アカデミーの共催により下記の通り開催されます。

◇開催日時:202423日(土)

◇開催場所:東京大学弥生講堂一条ホール(ハイブリッド開催)

◇参加費:無料(要事前登録)

 

 食料・農業・農村基本法の改正法案が2024年通常国会に提出され審議される予定です。現行食料・農業・農村基本法では、食料自給率の目標を掲げ、国内の農業生産及び食料消費に関する指針としています。しかし、これまで食料自給率の目標は達成されない状況が続いています。本シンポジウムでは、食料自給率の動向の要因を整理しつつ、今後の見通しとあるべき政策について議論を行います。

 

 シンポジウムの内容、事前参加登録などの詳細は下記URLを参照ください。

   https://www.agc.a.u-tokyo.ac.jp/wp/fg1_240203/ 

 


学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る