ホーム > お知らせ > 事務局より > 日本土壌肥料学会2023年度愛媛大会のシンポジウム企画募集(~2023.2.28)

事務局より

日本土壌肥料学会2023年度愛媛大会のシンポジウム企画募集(~2023.2.28)

日本土壌肥料学会では、2023年度愛媛大会におけるシンポジウムの企画を会員の皆様から募集いたします。

ご応募いただける方は、2023228日(火)までに、以下の必要事項を記載した応募書類(A412 枚程度、様式自由)を担当理事(e-mail:kanazawa@affrc.go.jp)宛て電子媒体にてお送りください。(応募書類送付後1週間以内に提案受付のご連絡を差し上げます。受付の連絡が届かない場合は、再度ご連絡お願いいたします。)

 

・ 提案者の所属、氏名、連絡先(e-mail アドレス及び電話番号)

・ シンポジウムのタイトル、趣旨、提案理由

・ 演者候補者の所属、氏名、演題

注)演者は、本大会で開催される他のシンポジウムの提案者および演者となることは出来ませんので、候補者選定にあたってはご注意ください。

・ 関連の深い部門

(部門・分野横断型提案を推奨します。関連部門を関連の深い順にお示しください。)

・ 会場の希望収容人数

・ 非会員演者候補者がいる場合、所在地と学会会場までの公共交通手段・経路・金額

注)非会員の方を演者として招聘される場合には、学会規定に基づき、国内公共交通費を支給するとともに、大会参加費・懇親会費を無料と致します。

・ 公開を希望される場合はその理由

注)シンポジウムは原則として会員向けを想定していますが、特段の理由があれば公開を前提とした企画の提案も受け付けます。

 

いただきましたご提案は、20233月開催予定の部門長会議において応募書類に基づき、企画内容、準備状況等から採択の可否を判断し、大会運営委員会および理事会の承認を得て、最終的に開催を決定させていただきます。なお、

・ 非会員演者のみで構成される企画は採択できないこと、

・ 非会員演者の招へいは予算の都合上、採択時に調整をお願いすることがあること

・ 応募数が多数の場合は、応募内容に問題が無くても採択できないことがあること

をご了承下さい。


学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る