ホーム > お知らせ > 主催講演会等の資料 > 2018年度「土と肥料」の講演会概要(テーマ;食と農の将来を支える土と肥料の課題と展望~変動の時代における地力と資源循環の視点から~)

主催講演会等の資料

2018年度「土と肥料」の講演会概要(テーマ;食と農の将来を支える土と肥料の課題と展望~変動の時代における地力と資源循環の視点から~)

2018年度「土と肥料」の講演会(512日、東京大学弥生会館)では、「食と農の将来を支える土と肥料の課題と展望~変動の時代における地力と資源循環の視点から~」をテーマとし、秋田県立大学の金田吉弘教授に「近年の大型機械化と多様な水稲栽培における水田土壌の課題と対応」、朝日工業株式会社の浅野智孝開発部長に「地域資源を活用した混合堆肥複合肥料の開発経過と特性」というタイトルで講演をしていただきました。本テーマは多くの方々の関心も深く、貴重な情報でもありますので、講演概要を「主催講演会等の資料」に掲載します。

 

「土と肥料」の講演会での金田吉弘氏、浅野智孝氏の講演概要は以下の通りです。

金田吉弘氏(秋田県立大学生物資源科学部)

  「近年の大型機械化と多様な水稲栽培における水田土壌の課題と対応」

講演要旨-金田.pdf)(講演スライド-金田.pdf

 浅野智孝氏(朝日工業株式会社 農業資材本部)

  「原地域資源を活用した混合堆肥複合肥料の開発経過と特性」

     (講演要旨-浅野.pdf)(講演スライド-浅野.pdf

 

なお、講演スライドは未発表データ等を削除するなど、講演会当日のものを若干修正していますことを、ご承知置きください。


学会について

お知らせ

国際土壌の10年と関連活動

学会誌・刊行物


ページの先頭へ戻る