本サイトは,初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討し,土壌教育活動を実施することを目的に日本土壌肥料学会に設置された委員会の情報を掲載しております

ようこそ土壌教育委員会のサイトへ!

 土壌は生命と環境を育み,自然や社会環境の中で多面的な役割と機能を果たしています。土壌教育委員会は1982年以来初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討してきました。
 本サイトでは土壌教育委員会のこれまでの活動および今後の予定などを紹介します。このページを読んでいただいた皆さんは勿論のこと,もっともっと沢山の子供たちや人々が土壌に興味を持つようになることが,私たちの切なる願いです。

Straggled Photos

土壌教育活動だより 90-4

2019年8月 5日 Posted in 土壌教育活動だより Posted in お知らせ

 2019年5月11日の学会役員の交代に伴い,土壌教育委員会委員が木村武先生から齋藤雅典先生(東北大学名誉教授)に交代した.日本土壌肥料学会2019年度静岡大会(9月3日〜5日,静岡大学農学部)で大会1日目に,静岡県教育委員会の後援で恒例の「高校生による研究発表会」を行う.静岡大会に参加される会員の方は,会場にぜひ足をお運びください.

 土壌教育委員会の活動を報告する.2019年5月18日(土)に日本大学生物資源科学部(神奈川県藤沢市)にて2019年度第1回土壌教育委員会を開催した.委員会には,委員8名,顧問1名および担当理事の計10名が出席した.議事の内容は,昨年度の事業報告および今年度の事業と予算の確認,静岡大会における「高校生による研究発表会」の準備状況の確認,野外解説板の寄贈事業について等であった.

 次に,委員による活動を紹介する.福田直顧問(武蔵野学院大学)は,2019年6月1日(土)に狭山市市民会館で開催された自然体験活動普及フォーラム「自然体験活動のすすめ」(後援:狭山市教育委員会,入間市教育委員会)に参加し,「環境リテラシーの育成の視点」の講演を行った.当日の参加者は240名であった.講演では,自然体験活動の意義,効果を話す中で,幼児期の土との触れ合いや児童・生徒期の土の観察・実験を踏まえた土の教育の重要性を述べた.また,日本・世界の土の現状,国際土壌年にも触れた.参加した親,教師から,土の教育をどう進めたらよいか等の質問があった.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第90巻第4号 掲載)

土壌教育活動だより 90-3

2019年6月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会2019年度静岡大会(9月3日〜5日,静岡大学農学部)初日に,静岡県教育委員会の後援を受け,恒例の「高校生による研究発表会」を開催する.実施要項は4月16日に公開し,参加申込の期日は6月12日としている.詳細は土壌教育委員会の公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/をご覧いただきたい.

 次に,委員による活動を紹介する.福田直顧問(武蔵野学院大学)は,2019年3月19日(火)に埼玉県立久喜工業高等学校において全校講演「21世紀の地球環境問題と人間活動-自ら考動する地球市民として-」を行い,様々な地球環境問題の一つとして土壌問題(土壌劣化・侵食、汚染)を取り上げ,生徒一人ひとりが土壌に関心を持ち,土壌の保全に向けた考動をすることが重要であることを解説した.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第90巻第3号 掲載)

委員会名簿の一部変更

2019年5月13日 Posted in 更新情報
土壌教育委員会の2018年度・2019年度委員名簿の一部を変更しました。