本サイトは,初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討し,土壌教育活動を実施することを目的に日本土壌肥料学会に設置された委員会の情報を掲載しております

ようこそ土壌教育委員会のサイトへ!

 土壌は生命と環境を育み,自然や社会環境の中で多面的な役割と機能を果たしています。土壌教育委員会は1982年以来初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討してきました。
 本サイトでは土壌教育委員会のこれまでの活動および今後の予定などを紹介します。このページを読んでいただいた皆さんは勿論のこと,もっともっと沢山の子供たちや人々が土壌に興味を持つようになることが,私たちの切なる願いです。

Straggled Photos

土壌教育活動だより 90-1

2019年2月 5日 Posted in 土壌教育活動だより Posted in お知らせ

 委員による活動を紹介する.2018年度神奈川大会3日目の公開シンポジウム「いま改めて問う,土をどう教えるか-土壌教育の再設計と未来の学習指導要領-」を開催した成果の一つとして,森圭子委員(埼玉県立 川の博物館)が東京都小学校理科教育研究会における領域別研究発表会「地球委員会」および同「生命委員会」を参観する機会を得た.平成30年10月22日(月)に開催された地球委員会では単元名「雨水の行方と地面の様子」が,11月6日(火)の生命委員会では単元名「生物と環境」が扱われ,これらの単元で土を教える取り組み方法や分かりやすい実験の必要性等について意見交換を行なった.

 次に支部の活動を紹介する.関東支部は,平成30年12月1日(土)の支部大会(朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)において「高校生による研究発表会」を開催した.当日は,関東支部圏の高等学校から3課題(3校)およびオープン参加の新潟農業大学校から1課題のポスター発表が一般発表と並行して行われ,高校生と支部会員との間で熱心な議論が交わされたた.大会に参加した支部会員の投票により,最優秀賞1課題(新潟県立長岡高等学校)および優秀賞2課題(栃木県立宇都宮白楊高等学校,新潟県立加茂農林高等学校)が選ばれた.また,新潟県農業大学校にはポスター賞が贈られた.関東支部では,来年度も同発表会の開催を予定している.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,委員会の構成については公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第90巻第1号 掲載)

土壌教育活動だより 89-6

2018年12月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 委員による活動を紹介する.平井英明顧問(宇都宮大学)は,平成30年9月6日(土)に宇都宮大学農学部附属農場において恒例の観察会「土と肥料の微妙な関係」を開催した.本観察会は栃木県立博物館とのコラボ企画で,運営には博物館の職員2名,宇都宮大学農学部の学生3名および赤羽幾子氏(農研機構)があたった.当日は大人7名と子ども6名(計13名)の参加があり,水田脇でカレーライス1杯の白米生産に必要な水稲株数と面積を見積もった後に,隣接する雑木林に移動して土壌断面の観察および土壌の保水性や気相を調べる実験を行なった.

 次に,支部の活動を紹介する.中部支部は平成30年7月21日(土)に豊田市自然観察の森において「土壌観察会-土の不思議にせまる!-」を開催した.講師は,礒井俊行氏・村野宏達氏(名城大学),岡村穣氏(元名古屋市立大学),瀧勝俊氏(愛知県農業総合試験場),堂本晶子氏(三重県農業研究所),山崎真嗣氏(岐阜県環境管理技術センター)の6名であった.参加者は親子を中心に19名で,森の中での植物と土の観察,室内実験(吸着・土壌動物),ミニモノリス作りを行った(本事業は今回で13回目).同じく中部支部は8月24日(金)に豊田市自然観察の森において愛知県立岡崎北高等学校コスモサイエンスコース1年生(39名)を対象とした「総合的な学習の時間」を岡崎北高校と共催,名古屋大学大学院生命農学研究科協賛で開催した.講師は,浅川晋氏,渡邉彰氏,村瀬潤氏,渡邉健史氏,柴原藤善氏(名古屋大学),岡村穣氏(元名古屋市立大学),瀧勝俊氏(愛知県農業総合試験場)の7名が担当し,フィールドでの植生・土壌断面観察と室内実験(緩衝能・呼吸・土壌動物)を行なった(本事業は今回が9回目).

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,委員会の構成については公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第89巻第6号 掲載)

土壌教育活動だより 89-5

2018年10月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 本学会は,男女共同参画学協会連絡会のオブザーバー加入団体として,平成30年8月10(金)に国立女性教育会館(埼玉県嵐山町)で開催された「女子中高生夏の学校2018」のポスター展示・キャリア相談に初出展した.当日は,森圭子委員(埼玉県立川の博物館),相崎万裕美理事(JAくまがや),鎌田淳氏(埼玉県農業技術研究センター),沢田こずえ氏(東京農工大学)の4名が参加し,研究分野の紹介と土壌断面標本の展示を行うとともに,女子中高生のキャリア相談に対応した.

 次に土壌教育委員会の活動を報告する.神奈川大会2日目の8月30日(木)午前に「高校生による研究発表会」を神奈川県教育委員会の後援で開催した.全国より25課題(18校)のポスター発表と高校生約50名の参加があった.学会長および土壌教育委員の審査により,最優秀ポスター賞1課題(福岡県立糸島農業高等学校)および優秀ポスター賞3課題(早稲田大学高等学院,山梨県立韮崎高等学校,青森県立名久井農業高等学校)が選ばれ,当日午後に大講堂で学会賞等授賞式に先立ち表彰された.

 神奈川大会3日目の8月31日(金)午後に「いま改めて問う,土をどう教えるか-土壌教育の再設計と未来の学習指導要領-」と題した公開シンポジウムを開催した.当日は一般も含め80名以上の参加があった.文部科学省教科調査官の鳴川哲也氏をはじめとする各演者の話題提供の後,総合討論では新学習指導要領の理念を念頭に,物質循環の機能の強調や新たな視点の必要性等について様々な意見が交わされた.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,委員会の構成については公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第89巻第5号 掲載)