土壌教育委員会がかかわる活動を紹介

土壌教育関連文献集(土肥誌2024)

2024年5月 2日 Posted in 出版物・教材 Posted in 文献集
  • 角野貴信・藤間 充・石澤 梓・木川田世波・太田皓心・阿倍佳右・佐藤一郎・安川琉真・ 佐々木章晴・澤口天志・町田竜一・西村希歩・濱田彩香・柴田煌士・鈴木健心・千葉啓・齋藤貴裕・横堀 潤・加藤喜大・小坂摩耶・森田宏雅・小松 葵・髙橋 歩・堀田千晶・市川大和・棚澤由実菜・吉本諭史・五十嵐晴光・奥山永遠・加我叶実・片山諒磨・白土誠鷹・ 瀧田友貴・東出幸也・目黒颯人・山本怜弥・縣 弘樹・大西千尋・近藤良介・藤吉 強・ 平間琢也・黒島 学・佐藤朋之・曽根輝雄・大坊隆司・沼畑明日夢・小泉涼花・夏堀竜之介・ 松坂泰誠・白鳥滉弥・赤石紫音・中居くらら・鈴木奨梧・平山昊也・宮本彩名・松本雄真・伊藤花梨・佐藤麻由・武田誠司・上條 奏・早川智恵 2024 高校生による研究発表の取り組み 土肥誌 95 (2) 106-113
  • 角野貴信 ・藤間 充 2024 高校生による研究発表会優秀ポスター賞 土肥誌 95 (2) 102-105
  • 平井英明・豊田理桜・吉川美幸・吉田貴洋・高橋行継・出口明子・白石智子・北村里香・早川 智恵 2024 カレーライス1杯分のコメを生産するために必要な土の面積と質量に関する作物・土壌学的調査--森・土・水・田・イネ・コメの一連のつながりを可視化するフィールド型土壌教育プログラムへの貢献-- 土肥誌 95 (1) 1-10

高校生による研究発表会(福岡)のお知らせ

2024年4月 8日 Posted in お知らせ Posted in 高校生の方へ

日本土壌肥料学会2024年度福岡大会(2024年9月3日(火)〜 5日(木))において高校生による研究発表会を開催いたします。発表は対面によるポスター形式とオンライン形式によるハイブリッド形式です(オンライン発表方法については検討中)。発表および申込の詳細は実施要項をご参照ください。

■対象
高等学校または高等学校に相当する教育機関に在籍する生徒であること。国籍は問いません。
■応募資格
対象教育機関の生徒(引率教員も参加可)
日本土壌肥料学会に加入する必要はありません。
■分野
化学、生物、地学、環境学およびそれに関連した科学研究一般の中で、以下のキーワードと関連する分野
【キーワード】 土壌、肥料、植物栄養、食料生産、環境
■発表日時
ポスター発表:2024年9月3日(火)12:00〜13:30(予定)
(説明のためのコアタイムは60分です。詳細は後日公表します。)
オンライン発表:2024年8月29日(木)~9月8日(日)(予定)
■申込方法
実施要項をダウンロードし、申込用紙(様式1)に必要事項を記入し、講演要旨を要旨ファイル(様式2)に本文400字以内で入力の上、下記の申込み先(E-mail: soil.edu.Office@gmail.com)までEメールにて、送付ください。期限厳守にてお願いいたします。
【発表申し込み】2024年5月10日(金)(必着)
【講演要旨提出】2024年5月31日(金)(必着)
■申込み先/問い合わせ先
E-mail:soil.edu.Office@gmail.com
〒890-0065 鹿児島市郡元1丁目20-6
 鹿児島大学教育学部 浅野陽樹
〒753-8515 山口市吉田1677-1
 山口大学大学院創成科学研究科 藤間 充(副担当)

土壌教育活動だより 95-2

2024年4月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会2024年度福岡大会において,高校生による研究発表会を開催いたします.対面によるポスター発表とオンライン発表のハイブリッド形式での開催を予定しています.対面によるポスター発表は,大会の初日(9月3日)に行う予定です.詳細は決まり次第,土壌教育委員会公式Webサイトに掲載いたします.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第95巻第2号 掲載)

土壌教育活動だより 95-1

2024年2月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 委員および会員による土壌教育活動を報告します.森圭子委員(埼玉県立川の博物館)は,同博物館において,7月16日に「土の特徴を調べよう」を開催しました.沖積土と黒ボク土の畑の土を用い,主に粒の大きさの調べ方について,簡単なものや時間をかけて行う方法を解説しました.参加者は55名でした.7月23日には,特別展関連イベントとして「みみずのうんちストラップづくり」を開催しました.屋外でミミズの糞を観察・採取し,屋内でレジンを用いて固めてストラップにしました.午前・午後の2回の開催で参加者の合計は35名でした.9月23日には,「土の中の生きものを観察しよう」を開催しました.屋外で土や落ち葉を採取し,ハンドソーティング法で生きものを探し,観察しました.ツルグレン法も紹介し,必要に応じて実体顕微鏡で観察しました.参加者は17名でした.10月15日には,「土の断面に洪水の痕跡を見る」を開催しました.現場観察を予定していたものの雨天のため,同博物館敷地内で令和元年東日本台風の際の堆積物が見られる断面のモノリスおよび博物館周辺の他の場所のモノリスを用いて,"水によって運ばれた土砂からできる土"について解説しました.参加者は33名でした.11月18日には,体験教室「クマムシを探して観察しよう」を開催しました.屋外で土,落ち葉,コケなどを採取し,屋内でクマムシについて簡単なお話をしてから実体顕微鏡を用いて観察しました.参加者全員がクマムシを観察することができました.参加者は15名でした.12月2日には,世界土壌デー記念として「土でアート作品づくり」を開催しました.異なる4色の土を使って和紙に絵を描き,パネルに貼って作品として仕上げました.参加者は26名でした.また同委員は同博物館において,11月14日から12月28日まで,秋のモノリス展示および世界土壌デー企画として,赤い色のものを中心にモノリスの展示を行いました.丹羽委員((株)ズコーシャ)と石倉会員(道総研十勝農業試験場)は,11月7日に北海道士幌高等学校アグリビジネス科の2年生18名を対象に出前授業を行いました.当初は一筆圃場内の地形の高低に伴う土壌断面形態の変化を見ることにしていましたが,あいにくの雨模様だったので座学を行いました.途中,天候が回復してきたので,座学終了後近隣の農家圃場に赴き,検土杖を用いて簡易に土層構成を把握すると共に,活性アルミニウムテストにより母材の確認を行いました.座学では丹羽委員が北海道を中心とした土壌分布の話をしました.特に士幌高校周辺の農地では,下層に然別降下軽石堆積物が堆積している黒ボク土であることを説明しました.次に石倉氏より,コムギの一生と適正収量を得るための穂数管理,追肥時期,土層改良技術について説明がありました.その後,圃場の4箇所(相対的な高部1箇所、底部2箇所、最底部1箇所)で検土杖による土層確認を行いました.高部では厚さ25cmの有機物層の下に褐色の火山砂が見られ,深さ30cm以深は人力で検土杖調査を行うことが困難になりました.恐らく軽石層が出現したと考えられます.それに対して,底部では2箇所とも,厚さ25cmの有機物層の下に壌質の褐色土層が25cmほど見られ,その下は10cm程度の火山砂で,深さ60cm以上は人力で検土杖調査を行うことが困難になりました.このように調査圃場では地形の高低により,有効土層の厚さが異なることが明らかになりました.さらに、底部の各土層で活性アルミニウムテストを実施しましたが,いずれの土層も即時鮮明に赤変することが分かり,改めて調査圃場が黒ボク土であることを確認しました.最底部においては、それまでの降雨の影響もあり,深さ60cmまで水分で飽和した土層が確認され,排水の重要性を確認しました.今回は残念ながら断面調査まで出来ませんでしたが,次年度,作付前の時期にリベンジを予定しています.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第95巻第1号 掲載)

土壌教育関連文献集(土肥誌2023)

2023年12月 5日 Posted in 出版物・教材 Posted in 文献集
  • 浅野陽樹・平井英明・和穎朗太・久馬一剛・藤間 充・若林正吉・陽 捷行・赤羽幾子・森 圭子・浅野眞希 2023 自分事として土をとらえる感性を育むために~「土壌教育はなぜ必要なのか」を考える~ 土肥誌 94 (5) 419-436
  • 平井英明・白石智子・出口明子・石嶋朋子・早川智恵・藤井一至・北村里香 2023 泥団子キットを用いた疑似的土体験の心理的効果--体験型土壌教育プログラムへの導入教材として-- 土肥誌 94 (3) 170-178
  • 赤羽幾子・土壌モノリス展示運営委員会 2023 「土壌モノリス展示--日本の代表的な土壌の横顔--(東京大会)」開催報告 土肥誌 94(2) 155-156

土壌教育活動だより 94-6

2023年12月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会2023年度愛媛大会では1日目の2023年9月12日(火)に,恒例の「高校生による研究発表会」を愛媛大学城北キャンパス共通講義棟A 4階のポスター発表会場にて開催しました.当日は全国から9校12課題の発表がありました.約20名の高校生はポスターの前で研究内容を説明し,大会参加者からの専門的な質問やコメントを受けて,熱心な議論を行いました.90分のコアタイムを越えても活発な質疑応答が続いていました.藤原土壌肥料学会長(東京大学),上野大会運営委員長(愛媛大学),および土壌教育委員による審査の結果,最優秀ポスター賞1課題(発表番号H-S02 広島県立西条農業高等学校),および優秀ポスター賞2課題(発表番号H-S05 愛媛県立伊予農業高等学校,発表番号H-S08 山形県立村山産業高等学校)が選ばれました.当日午後に行われた表彰式では,土壌肥料学会長と大会運営委員長,森土壌教育委員長(埼玉県立川の博物館)より講評があり,森土壌教育委員長より全発表課題に対して発表証明書と参加賞が手渡されました.次いで,藤原会長より最優秀ポスター賞および優秀ポスター賞の表彰状,副賞が授与されました.発表会・表彰式などの写真は後日掲載いたします.一方,オンライン発表は,やはり全国から10校18課題が参加し,9月7日から9月18日までLINC Biz内で発表が行われ,期間中にチャット形式で質疑応答が行われました.オンライン発表に対しても審査を行い,最優秀オンラインポスター賞1課題(発表番号H-L17長野県松本深志高等学校),および優秀オンラインポスター賞2課題(発表番号H-L04青森県立名久井農業高等学校,H-L12愛知県立佐屋高等学校)が選ばれました.

 委員による活動を報告します.福田顧問(武蔵野学院大学)は,7月25日~27日に開催された「子どもゆめ基金助成活動―人々の生活と川の環境との関係を調べよう」(狭山市教育委員会後援)において,7月27日(木)の「河川植物と土壌」(狭山市立水富公民館)の講師を務めました.出席者は小学校4年生~6年生19名で,河川敷植物の在来種・外来種の種別及び被度調査と人為攪乱との関わりを調べ、土壌攪乱と植生を取り上げました.なお,「子どもゆめ基金ガイド2023」(国立行政法人国立青少年教育振興機構)に令和4年度助成活動事例「科学体験」として,「土の教室」が掲載されました.平井顧問(宇都宮大学)は9月27日(水)に行われた宇都宮市立石井小学校における総合的な学習「米作り体験」のゲストティーチャーを務めました.出席者は,5年生115名でした.この体験学習の目的は、(1)日本人の主食である米の生産を直接体験することによって,日本における米作りの歴史や文化についての関心や理解を深める,(2)日本の米作りの現状やそれに携わる人々の苦労や工夫について理解を深める,でした.5月の「田植え体験」で手植えしたイネ株の周囲をスコップで掘る体験を児童が行い,その作土付きのイネ株をポリ製のバケツに移して教室に持ち帰り,次の実験を行いました.(1)土のついたイネ株の重さの測定,(2)イネ一株の籾数の計測,(3)お茶碗一杯のご飯150グラム(約3750粒)を食べるためのイネの株数の計算,(4)春に田植えした3粒の籾が収穫時に何倍になったのかを計算しました.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第94巻第6号 掲載)

土壌教育活動だより 94-5

2023年10月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 委員および会員による土壌教育活動を報告します.谷昌幸氏(帯広畜産大学)が,JICA「持続的農業生産のための土壌診断と土壌改良技術(5月18日〜7月24日)」において,コースリーダーを務めエチオピア、ジョージア、パフアニューギニア、フィリピン、スリランカ、タンザニア、ザンビアからの8名の研修生を対象に研修を実施しています.土壌肥料学会会員関連分の内容(7月分)は以下の通りです(5〜6月分は前号に掲載). 7月6日〜7日:横井義雄氏(元道総研),島田紘明氏(帯広畜産大学),丹羽勝久委員((株)ズコーシャ)「美瑛町における灰色台地土,褐色森林土の土壌断面調査」.平井顧問は,8月26日(土)10時~12時に宇都宮大学農学部附属農場において開催された,栃木県立博物館主催の観察会「土ってすごイネ」に講師として参加しました.参加者は大人4名,子供3名でした.森林土壌と水田土壌の観察のポイントやその方法に関して,事前に平井顧問が説明を行いました.実施の担当者は博物館の職員で,森林下の土壌の説明は土壌動物の研究者が担当しました.参加者は森林土壌を観察し,その手触りを体感しました.その後,水田の土壌に素足で入って,水稲株を抜き取ることで体験的に土壌の形態と機能を学びました.堆肥連用水田,無肥料水田,化学肥料連用水田の土壌の形態を,参加者の素足で感じる方法をとりましたが,感触の違いを大人も子供も感じていたようでした.イネ株を土とともに抜き取る活動を行うことで参加者の表情がとても明るくなったと,博物館職員の方は感銘を受けられていました.

 支部における土壌教育活動を報告します.中部支部では,7月23(日)に豊田市自然観察の森において「土壌観察会-土の不思議にせまる!-」を開催しました(参加者は親子を中心に12名).講師は,礒井俊行氏・村野宏達氏(名城大学),岡村穣氏(元名古屋市立大学),瀧勝俊氏(JAあいち経済連),堂本晶子氏(三重県農業研究所)の5名でした.内容は、森の中での植物と土の観察,室内実験(吸着・土壌動物),ミニモノリス作りでした.この事業は今回が17回目です.

 また,同場所において,8月25日(金)に岡崎北高等学校コスモサイエンスコース1年生(36名)を対象とした「理数探究基礎」を岡崎北高校と共催、名古屋大学大学院生命農学研究科協賛で開催しました.内容は,フィールドでの植生・土壌断面観察と室内実験(緩衝能・呼吸・土壌動物)でした.講師は,浅川晋氏,渡邉彰氏,村瀬潤氏,渡邉健史氏,沢田こずえ氏,柴原藤善氏(名古屋大学),岡村穣氏(元名古屋市立大学),瀧勝俊氏(JAあいち経済連)の計7名でした.この事業は今回が15回目です.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第94巻第5号 掲載)

高校生による研究発表会(愛媛)2023-09-19(速報)

2023年9月25日 Posted in 主催行事 Posted in 高校生による研究発表会

日本土壌肥料学会2023年度愛媛大会では1日目の2023年9月12日(火)に,恒例の「高校生による研究発表会」を愛媛大学城北キャンパス共通講義棟A 4階のポスター発表会場にて開催しました.

 当日は全国から9校12課題の発表がありました.約20名の高校生はポスターの前で研究内容を説明し,大会参加者からの専門的な質問やコメントを受けて,熱心な議論を行いました.90分のコアタイムを越えても活発な質疑応答が続いていました.

 藤原土壌肥料学会長(東京大学),上野大会運営委員長(愛媛大学),および土壌教育委員による審査の結果,最優秀ポスター賞1課題(発表番号H-S02 広島県立西条農業高等学校),および優秀ポスター賞2課題(発表番号H-S05 愛媛県立伊予農業高等学校,発表番号H-S08 山形県立村山産業高等学校)が選ばれました.

 当日午後に行われた表彰式では,土壌肥料学会長と大会運営委員長,森土壌教育委員長(埼玉県立川の博物館)より講評があり,森土壌教育委員長より全発表課題に対して発表証明書と参加賞が手渡されました.次いで,藤原会長より最優秀ポスター賞および優秀ポスター賞の表彰状,副賞が授与されました.発表会・表彰式などの写真は後日掲載いたします.

 一方,オンライン発表は,やはり全国から10校18課題が参加し,9月7日から9月18日までLINC Biz内で発表が行われ,期間中にチャット形式で質疑応答が行われました.オンライン発表に対しても審査を行い,最優秀オンラインポスター賞1課題(発表番号H-L17長野県松本深志高等学校),および優秀オンラインポスター賞2課題(発表番号H-L04青森県立名久井農業高等学校,H-L12愛知県立佐屋高等学校)が選ばれました.

参加校と発表課題は以下の通りです.

「土壌教育の国際ガイドラインを創出する際に必要となる基本的な概念とロードマップ」の日本語訳と解説について

2023年8月 7日 Posted in お知らせ Posted in 支部や会員の活動
2020年11月21日にオンラインで開催された IUSS (The International Union of Soil Sciences) research forum Mid-congress において,平井英明顧問(宇都宮大学)が「土壌教育の国際ガイドラインを創出する際に必要となる基本的な概念とロードマップ」について紹介した資料の日本語訳と解説(pdfファイル 3MB)を公開いたします.

土壌教育活動だより 94-4

2023年8月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会愛媛大会では「高校生による研究発表会」をハイブリッド形式で開催いたします.対面での発表のコアタイムは初日の9月12日(火)12:00~13:30にJ会場(共通講義棟A 4階 アクティブラーニングルーム)で実施します.また, LINC Biz内において一般公演のポスター発表と同期間にオンライン発表を実施します.対面での発表は12課題,オンラインの発表は18課題です.多くの方の参加と,活発な議論をお願い致します.

 土壌教育委員会の活動を報告します.土壌教育委員会は,2023年6月24日(土)に2023年度第1回土壌教育委員会をオンラインで開催しました.議事の内容は,昨年度の事業報告および今年度の事業と予算の確認,愛媛大会における「高校生による研究発表会」の準備状況の確認,動画制作をはじめとする土壌教育の教材開発,土壌教育委員会のHPの更新等でした.