本サイトは,初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討し,土壌教育活動を実施することを目的に日本土壌肥料学会に設置された委員会の情報を掲載しております

ようこそ土壌教育委員会のサイトへ!

 土壌は生命と環境を育み,自然や社会環境の中で多面的な役割と機能を果たしています。土壌教育委員会は1982年以来初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討してきました。
 本サイトでは土壌教育委員会のこれまでの活動および今後の予定などを紹介します。このページを読んでいただいた皆さんは勿論のこと,もっともっと沢山の子供たちや人々が土壌に興味を持つようになることが,私たちの切なる願いです。

Straggled Photos

高校生による研究発表会(静岡) 2019-09-03

2019年10月13日 Posted in 主催行事 Posted in 高校生による研究発表会

日本土壌肥料学会2019年度静岡大会1日目の2019年9月3日(火)に、静岡県教育委員会の後援を受け恒例の「高校生による研究発表会」を静岡大学農学部農学総合棟2Fポスター会場にて開催しました。当日は全国から18課題(14校、ポスター掲示のみの発表6校7課題を含む)の発表がありました。約30名の高校生はポスターの前で研究内容を説明し、大会参加者からの専門的な質問やコメントを受けて、熱心な議論を行いました。1時間のコアタイムを越えても活発な質疑応答が続いていました。

ポスター発表の様子(写真)発表会の様子

学会会長、大会運営委員長および土壌教育委員による審査の結果、最優秀ポスター賞1課題(発表番号H-07 青森県立名久井農業高等学校)および優秀ポスター賞3課題(発表番号H-08 学校法人静岡理工科大学静岡北高等学校,発表番号H-11 山形県立村山産業高等学校,発表番号H-15 大阪府立農芸高等学校)が選ばれました。

ポスター発表の様子
(写真)最優秀ポスター賞に選ばれた名久井農業高等学校

当日夕方に農学総合棟2Fピロティーにて行われた表彰式では、波多野会長(北海道大学)と森田運営委員長(静岡大学)より講評があり、隅田委員長(日本大学)より全発表課題に対して発表証明書と参加賞が手渡されました。次いで、波多野会長より最優秀ポスター賞および優秀ポスター賞の表彰状,隅田委員長よりそれぞれの副賞が授与されました。

表彰式の様子
(写真)農学総合棟2Fピロティーでの表彰式

参加校と題目は次の通りです。

土壌教育活動だより 90-5

2019年10月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 本学会は,昨年度に引き続き,男女共同参画学協会連絡会のオブザーバー加入団体として,令和元年8月10日(土)に国立女性教育会館(埼玉県嵐山町)で開催された「女子中高生夏の学校2019」のポスター展示・キャリア相談に出展した.当日は,森圭子委員(埼玉県立川の博物館),相崎万裕美理事(JAくまがや),松浦里江理事(東京都農業振興事務所),沢田こずえ氏(東京農工大学)の4名が参加し,研究分野の紹介と土壌断面標本の展示を行うとともに,女子中高生のキャリア相談に対応した.

 土壌教育委員会の活動を報告する.静岡大会1日目の9月3日(火)午後に「高校生による研究発表会」を静岡県教育委員会の後援で開催した.全国より18課題(14校)のポスター発表と多数の高校生の参加があった.学会長および大会運営委員,土壌教育委員の審査により,最優秀ポスター賞1課題(青森県立名久井農業高等学校)および優秀ポスター賞3課題(学校法人静岡理工科大学 静岡北高等学校,山形県立村山産業高等学校,大阪府立農芸高等学校)が選ばれ,当日16:30より講評ならびに表彰式が行われた.

 静岡大会3日目の9月5日(木)に「土壌教育の世界標準を日本から発信する~国際土壌の10 年の取組~」と題したミニシンポジウムを開催し,9課題の発表があった.総合討論では,波多野隆介学会長(北海道大学)をはじめとする各演者から,人類共通で教えたい「土」の内容について提案いただき,土壌教育の世界標準化に向けた議論が交わされた.

 次に,委員による活動を報告する。福田直顧問(武蔵野学院大学)は,7月30日(火)~31日(水)に荒川支流・入間川源流域のブナ林において,土体験・水源地観察会を開催した.簡易な土の実験を交えながら,水循環と土の保水,表土と下層土の水の浸透速度の相違,おいしい水の生成などの解説を行った.当日の参加者は,幼稚園児21名,小学生5名,高校生2名,保護者・教師9名であった.8月8日(月)~9日(火)に,狭山市学童38名,保護者3名,教師7名,看護師1名,登山ガイド2名が参加する富士山登山・自然観察会が行われた.福田顧問は,生物相の垂直分布,森林限界と気候・土との関わり,先駆植物と土壌生成などの講話を行った.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第90巻第5号 掲載)

土壌教育活動だより 90-4

2019年8月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 2019年5月11日の学会役員の交代に伴い,土壌教育委員会委員が木村武先生から齋藤雅典先生(東北大学名誉教授)に交代した.日本土壌肥料学会2019年度静岡大会(9月3日〜5日,静岡大学農学部)で大会1日目に,静岡県教育委員会の後援で恒例の「高校生による研究発表会」を行う.静岡大会に参加される会員の方は,会場にぜひ足をお運びください.

 土壌教育委員会の活動を報告する.2019年5月18日(土)に日本大学生物資源科学部(神奈川県藤沢市)にて2019年度第1回土壌教育委員会を開催した.委員会には,委員8名,顧問1名および担当理事の計10名が出席した.議事の内容は,昨年度の事業報告および今年度の事業と予算の確認,静岡大会における「高校生による研究発表会」の準備状況の確認,野外解説板の寄贈事業について等であった.

 次に,委員による活動を紹介する.福田直顧問(武蔵野学院大学)は,2019年6月1日(土)に狭山市市民会館で開催された自然体験活動普及フォーラム「自然体験活動のすすめ」(後援:狭山市教育委員会,入間市教育委員会)に参加し,「環境リテラシーの育成の視点」の講演を行った.当日の参加者は240名であった.講演では,自然体験活動の意義,効果を話す中で,幼児期の土との触れ合いや児童・生徒期の土の観察・実験を踏まえた土の教育の重要性を述べた.また,日本・世界の土の現状,国際土壌年にも触れた.参加した親,教師から,土の教育をどう進めたらよいか等の質問があった.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第90巻第4号 掲載)