本サイトは,初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討し,土壌教育活動を実施することを目的に日本土壌肥料学会に設置された委員会の情報を掲載しております

ようこそ土壌教育委員会のサイトへ!

 土壌は生命と環境を育み,自然や社会環境の中で多面的な役割と機能を果たしています。土壌教育委員会は1982年以来初等中等教育現場における土壌の理解と知恵を育てる教育のあり方について検討してきました。
 本サイトでは土壌教育委員会のこれまでの活動および今後の予定などを紹介します。このページを読んでいただいた皆さんは勿論のこと,もっともっと沢山の子供たちや人々が土壌に興味を持つようになることが,私たちの切なる願いです。

Straggled Photos

土壌教育活動だより 87-6

2016年12月 5日 Posted in 土壌教育活動だより Posted in お知らせ

 土壌教育委員会の活動を報告する.平成28年度第2回土壌教育委員会を佐賀大会2日目の9月21日,佐賀大学本庄キャンパス1号館3F 135番において,委員9名および顧問,担当理事の計11名の出席を得て開催した.平成28年度事業の進行状況の報告,次年度の事業計画等について議論した.佐賀大会3日目の9月22日(祝日),佐賀大学本庄キャンパス2号館1Fロビーにて高校生ポスター発表会を開催した.全国より13課題(12校)の発表があった.ポスターコアタイムにおいては,高校生と会員との活発な議論が交わされた.土壌教育委員の審査により,ポスター賞1課題(兵庫県立篠山東雲高等学校)および優秀賞2課題(北海道立岩見沢農業高等学校,福岡県立糸島農業高等学校)が選ばれた.表彰式は2号館1F 211番にて行われ,平井委員長(宇都宮大学)より全課題に対し参加賞の記念品が手渡された後,間藤学会長(京都大学)よりポスター賞と優秀賞が授与された.土壌教育委員会では,来年9月の仙台大会における高校生ポスター発表会の開催を予定しています.次に,平成28年9月25日にイオン直営農場「三重いなべ農場」(三重県いなべ市)において開催された,「イオン チアーズクラブ ファーマーズプログラム」に協力した.本件は,礒井俊行委員(名城大学)が担当し,山崎真嗣氏(岐阜県環境管理技術センター)にご尽力いただいた.イオンチアーズクラブに所属する子どもたち14名に対し,山崎氏がキャベツ畑の土壌を用いてツルグレン装置と顕微鏡を用いた土壌動物の観察を,礒井委員が土壌空気および土壌の保水性の実験を行った.

 委員による活動を紹介する.平成28年 9月10日,平井英明委員長,赤羽幾子委員(農環研)は,宇都宮大学農学部附属農場(栃木県真岡市)において,「土と肥料の微妙な関係」を開催した(栃木県立博物館と共催).参加者は,無肥料,化成肥料連用,堆肥連用,有機栽培条件で栽培されたコシヒカリ,ゆうだい21の稲株を用いて,米1粒から何粒に増えたかを計算した.また,水稲の根や土を観察し,それらの臭いを嗅ぐなどして,土が肥料によってどのように変化するかを体感していた.観察後は,希望者を対象に森林の土、荒木田土、鹿沼土を用いた光る泥だんご作りを実施した.

 土壌教育にかかわる活動をされた会員の方は,支部選出の土壌教育委員までお知らせ下さい.委員の連絡先は,土壌教育委員会のウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員のページ」をご覧ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第87巻第6号 掲載)

高校生ポスター発表会(佐賀) 2016-09-22

2016年10月31日 Posted in 委員会主催のイベント Posted in 高校生ポスター発表会

日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会3日目の2016年9月22日(木,祝日)に恒例の「高校生ポスター発表会」を佐賀大学本庄キャンパス2号館1Fロビーで開催しました。当日は全国の高等学校から13課題(12校、ポスター掲示のみの発表1課題を含む)の発表があり、発表コアタイム(11:30〜12:30)を待ちきれない多くの大会参加者が早くから発表会場を訪れ,高校生との熱心な議論が行われました。

土壌教育委員による厳正な審査の結果、ポスター賞1課題(兵庫県立篠山東雲高等学校)および優秀賞2課題(北海道立岩見沢農業高等学校,福岡県立糸島農業高等学校)が選ばれました。コアタイム終了後(12:40〜13:00)にU会場(2号館1F211番)で行われた表彰式では、平井委員長(宇都宮大学)より全発表課題に対して記念品が手渡され、次いで間藤学会長(京都大学)よりポスター賞と優秀賞が授与されました。

参加校と題目は以下の通りです。

土壌教育活動だより 87-5

2016年10月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 委員による土壌教育活動を紹介する.平成27年8月3日,日大生物資源学部で開催された高校生のための実験教室「バイオサイエンス・スクール2016」へ平井英明委員長(宇都宮大学)が出席した.参加者は高校生84名,中学生3名の計87名であった.平成28年8月27日,宇都宮大学農学部附属農場(栃木県真岡市)において,「泥だんごをつくろう!~あそんで学ぼう!土のひみつ~」を開催した(栃木県立博物館と共催).農場内の雑木林の土壌断面を観察した後,A層,B層,C層(鹿沼軽石層)の土を用いて泥だんごを作成した.参加者は,幼児2名,小学生8名,中学生1名,大人12名の計23名であった.本件は,平井英明委員長が企画を担当し,赤羽幾子委員(農環研)が当日スタッフとして参加した.

 委員による教員免許更新講座を紹介する.平成28年6月,田村憲司委員(筑波大学)が「生態系における土壌の役割を考える―地球温暖化から環境教育まで―」のテーマで講師を担当した.平成27年8月19日,藤間充委員(山口大学)が「土壌を教材として利用し,土壌の機能を理解する」の題目で講義および観察・実験を行った. 平成28年8月25日,福田直委員(武蔵野学院大学)が講座「環境教育の視点を探る」を担当し,講義で国際土壌年を紹介するとともに,人間活動と地球環境,環境保全に向けた国際的な取組と行動(土壌保全など)等を解説した後,土壌動物の観察,土壌呼吸,土壌吸着能,土壌粒子の実験を行った.

 土壌教育にかかわる活動をされた会員の方は,支部選出の土壌教育委員までお知らせ下さい.委員の連絡先は,土壌教育委員会のウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員のページ」をご覧ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第87巻第5号 掲載)