土壌教育委員会がかかわる活動を紹介

土壌教育活動だより 92-5

2021年10月 5日 Posted in 土壌教育活動だより Posted in お知らせ

 委員による活動を報告します.7月11日に、丹羽委員(株式会社ズコーシャ)が千曲川ワインアカデミー(主催者:日本ワイン農業研究所「アルカンヴィーニュ」)において,「日本の土壌とワインづくり」の講座の講師をつとめました.講座は、ワイナリー,ヴィンヤード開設を希望していたり,ワインに関する造詣を深めたい受講生(会場参加23名,オンライン参加28名)を対象とし,座学で日本の土壌の特徴,醸造用ぶどうに関連する施肥標準と土壌診断,土壌水分と醸造用ぶどうの糖度・酸度との関係,さらに有機農業を科学的視点で解説しました.現地実習(会場参加者のみ)として開催場所周辺区域の土壌断面(黒ボク土、灰色台地土)を観察しました.7月24日(土)~7月30日(金)の9:30~12:00の間,狭山市内15小学校の児童(第4学年~第6学年)を対象とした科学実験教室「土の教室−土のふしぎを解き明かそう!」(各20名募集)を開催し(子どもゆめ基金助成,狭山市教育委員会後援),福田顧問が講師をつとめました(指導協力者2名).総計66名の参加があり,新型コロナウィルスによる感染症や熱中症などの防止に万全を期して,狭山市立水富公民館で実践しました.内容は,土の保水能や浄化能,土壌動物,地面の傾き・土の粒の大きさと水の流れ方・しみ込み方などを探究する観察・実験,話し合い・発表などを行いました.アンケート調査から,「楽しかった」,「土の理解が進んだ」,「土の実験が面白く,わかりやすかった」などとした児童が多く,ほぼ全員から「土に興味を持った」との感想があり,大きな収穫となりました.森圭子委員(埼玉県立川の博物館)は埼玉県立川の博物館において2021年7月25日から8月30日まで,「日本を代表する土、ちょっと珍しい土」と題してモノリス5点の展示を行いました.

 支部における活動を報告します.中部支部では,7月18(日)に豊田市自然観察の森において「夏休みの自由研究に!土の不思議に迫る」を開催しました.参加者は,新型コロナ対応のため例年の半数程度に絞り,親子を中心に12名でした.講師は,礒井俊行氏・村野宏達氏(名城大学),岡村穣氏(元名古屋市立大学),小山博之氏(岐阜大学),瀧勝俊氏(愛知県農業総合試験場),山崎真嗣氏(岐阜県環境管理技術センター)の6名でした.内容は,森の中での植物と土の観察,室内実験(吸着・土壌動物),ミニモノリス作りでした.この事業は今回が15回目です.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第92巻第5号 掲載)

土壌教育活動だより 92-4

2021年8月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会北海道大会初日の9月14日(火)に「高校生による研究発表会」を北海道教育委員会の後援で開催します.一般発表と同様にLINC Bizシステムを用いた発表形式で行い,コアタイムは16:30〜18:00です.全国の高校から18課題(10校)の発表が行われます.多くの方の参加と,活発な議論をお願い致します.

 委員による活動を報告します.4月6日に,狭山市内学童クラブ主催の観察会が行われ,福田顧問(武蔵野学院大学)が講師をつとめました.小学生・保護者21名が参加し土掘り体験,断面観察,泥団子づくりなどを行いました.児童らは全員土掘りが初めての体験であり,泥団子づくりとともに親子で楽しんでいました.五感により,土の層位と土色・土性・硬度などを確認しました.5月6日(木)に狭山市立教育センターで狭山市内小中校長会(27校)が行われ,福田顧問が出前授業「土のふしぎを探る」の内容を紹介するプレゼンを行いました.小学校では「雨水の行方と地面の様子」など,中学校では「土壌断面観察」などの授業案を説明した.森圭子委員(埼玉県立川の博物館)は埼玉県立川の博物館において2021年5月2日から6月20日まで,「身近な土、世界の土」と題してモノリス10点の展示を行いました.また6月3日からは雲仙普賢岳の大規模火砕流発生から30年の節目に,当時発生した火砕流の堆積物を示すモノリスを併せて展示しました(6月末日まで).

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第92巻第4号 掲載)

土壌教育活動だより 92-3

2021年6月15日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 2021年5月より,土壌教育委員会委員3名と担当理事が交代しました.新しい委員および担当理事は以下の通りです.学会副会長:神山和則(農研機構),北海道支部:丹羽勝久((株)ズコーシャ),中部支部:小山博之(岐阜大学),担当理事:藤間充(山口大学,事務局長と兼任).日本土壌肥料学会2021年度北海道大会(2021年9月14日〜16日)の1日目に,北海道教育委員会の後援で「高校生による研究発表会」を開催します.発表形式は,LINC Bizによるオンライン発表です.詳細は、土壌教育委員会ホームページの「高校生の方へ」(http://jssspn.jp/edu/activity/info/posterinfo/)をご覧ください.

 土壌教育委員会の活動を報告します.土壌教育委員会は,2021年5月15日(土)に2021年度第1回土壌教育委員会をオンライン(Zoom会議)で開催しました.議事の内容は,昨年度の事業報告および2021年度の事業と予算の確認,北海道大会における「高校生による研究発表会」の準備状況の確認,新学習指導要領の文言の精査と要望内容および土壌教育の国際ガイドラインに関する検討等でした.

 次に,委員の活動を報告します.森圭子委員(埼玉県立川の博物館)は,2021年4月17日(土)に,埼玉県立川の博物館において2時間の体験教室「光る泥だんごづくり」を開催しました.荒木田土を用い,土を量りとってこねるところから仕上げの磨きの作業までを行いました.作業中は,粘土や土について解説しました.付き添いを含む参加者は18名でした.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第92巻第3号 掲載)

委員名簿の更新

2021年5月24日 Posted in 更新情報
土壌教育委員会の2020年度・2021年度委員名簿を更新しました。

2020年度・2021年度土壌教育委員会(一部変更)

2021年5月24日 Posted in その他の情報

委員の構成は,会長から委嘱された委員と各支部より推薦された委員各1名,および副会長1名となっております。2021年4月より土壌教育委員会委員3名,2021年5月より担当理事が交代しました。新しい委員の構成は以下の通りです。

名前役職所属
隅田裕明委員長日本大学
森 圭子副委員長埼玉県立 川の博物館
藤間 充事務局長山口大学
村野宏達教材開発担当名城大学
神山和則学会副会長農研機構
丹羽勝久北海道支部株式会社ズコーシャ
早川 敦東北支部秋田県立大学
浅野眞希関東支部筑波大学
小山博之中部支部岐阜大学
豊田 鮎関西支部香川大学
浅野陽樹九州支部鹿児島大学

顧  問  :福田 直(武蔵野学院大学)
顧  問  :平井英明(宇都宮大学)
教育担当理事:藤間 充(併任,山口大学)

任期:2020年4月〜2022年3月

土壌教育活動だより 92-2

2021年4月 9日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会2021年度北海道大会(2021年9月14日~16日,北海道大学高等教育推進機構ならびにオンライン開催)において,「高校生による研究発表会」を開催します.開催日は,大会初日の2021年9月14日(火)です.発表形式は,LINK Bizによるオンライン発表です.参加申込の期日は2021年4月23日(金),講演要旨提出の期日は2021年5月28日(金)です.詳細は土壌教育委員会の公式ウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/をご覧ください.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト(同上)の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第92巻第2号 掲載)

高校生による研究発表会(北海道)のお知らせ2

2021年3月19日 Posted in お知らせ Posted in 高校生の方へ

日本土壌肥料学会2021年度北海道大会(2021年9月14日(火)〜 16日(木))において高校生による研究発表会を開催いたします。発表はLINC Bizによるオンライン形式です。発表および申込の詳細は実施要項をご参照ください。

■対象
高等学校または高等学校に相当する教育機関に在籍する生徒であること。
国籍は問いません。
■応募資格
対象教育機関の生徒(引率教員も参加可)
日本土壌肥料学会に加入する必要はありません。
■分野
化学、生物、地学、環境学およびそれに関連した科学研究一般の中で、
以下のキーワードと関連する分野
【キーワード】 土壌,肥料,植物栄養,食料生産,環境
■発表日時
2021年9月14日(火)午後(コアタイムは後日公表します)
■申込方法
申込用紙(様式1)に必要事項を記入し、講演要旨を要旨ファイル(様式2)に本文400字以内で入力の上、下記の申込み先(E-mail:saigusa@rakuno.ac.jp)までEメールにて、送付ください。期限厳守にてお願いいたします。
【発表申し込み・講演要旨の提出〆切】2021年5月28日(金)(必着)
■申込み先
〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582
 酪農学園大学
 三枝俊哉(日本土壌肥料学会北海道支部委員)
 Tel: 011-388-4818 Fax: 011-388-4818
 E-mail:saigusa@rakuno.ac.jp

土壌教育活動だより 92-1

2021年2月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 委員会の活動を報告します.土壌教育委員会は,ESD(Education for Sustainable Development)活動支援センターおよび文部科学省,環境省が主催する「ESD推進ネットワーク全国フォーラム2020」のバーチャルポスターセッションに出展しました.土壌教育委員会の公式ウェブサイトがバーチャルポスターセッションのウェブページにリンクされ,2020年12月19日(土)~2021年1月29日(金)まで公開されました.

 次に委員による活動を報告します.森圭子委員(埼玉県立川の博物館),浅野眞希委員(筑波大学),藤井一至氏(森林総合研究所),平山良治氏(埼玉県立川の博物館),加藤拓氏(東京農業大学)は,世界土壌デーを記念して,国立科学博物館の日本館に常設展示されているモノリスについて解説した動画,「世界土壌デー2020応援動画~国立科学博物館 土壌標本解説~」を作成しました.動画は,国立科学博物館公式のかはくチャンネル,日本土壌肥料学会の公式ウェブサイト(http://jssspn.jp/info/notice/notice/post-4.html)から閲覧できます.

高校生による研究発表会(北海道)のお知らせ

2021年1月31日 Posted in お知らせ Posted in 高校生の方へ

2021年9月14日~16日に開催の日本土壌肥料学会2021年度北海道大会におきまして、高校生による研究発表会を開催いたします。

詳細は決まり次第、委員会公式Webサイトに掲載いたします。

過去の高校生による研究発表会(旧称:高校生ポスター発表会)の内容についてはこちらをご覧ください。

IUSS research forum 参加報告--土壌教育の国際ガイドラインを創出する際に必要となる基本的な概念とロードマップについて--

2021年1月 4日 Posted in お知らせ Posted in 支部や会員の活動

 2020年11月21日にオンラインで開催された IUSS (The International Union of Soil Sciences) research forum Mid-congress において,平井英明顧問(宇都宮大学)が "Towards Realization of International Guidelines for Soil Education" のタイトルで講演されました。

 講演の中で,土壌教育の国際ガイドラインを創出する際に必要となる基本的な概念とロードマップについて紹介されましたので,平井顧問が講演の際に使用された資料(pdfファイル 2MB)を公開いたします。

(現在日本語訳を準備中です)