土壌教育委員会がかかわる活動を紹介

コメント募集:指導案「地面をつくる土の粒と雨水の行方」_メールアドレス修正

2017年9月11日 Posted in お知らせ

平成29年度3月に公表されました新学習指導要領小学校理科)において、第4学年では項目「(3)雨水の行方と地面の様子」が新たに加わり(83ページ)、その指導目標は「雨水の行方と地面の様子について、流れ方やしみ込み方に着目して、それらと地面の傾きや土の粒の大きさとを関係付けて調べる活動を通して、次の事項を身に付けることができるように指導する。」ことと記されております(「土の粒」登場に関する当学会の平成29年6月1日付アナウンスはこちらをご覧ください)。

今回の学習指導要領の改訂において、「土の粒」のねらいは防災にあると捉えられます。土砂災害等(自然災害)との関わりで土の粒の大きさや雨水の流れ方/しみ込み方を取り上げる際に、土壌教育的観点からの指導は効果的です。そこで、土壌教育委員会では、実験を通して地面をつくる土の粒の大きさによって水のしみ込み方が変化することに児童が気付くことを目標とした指導案「地面をつくる土の粒と雨水の行方」ver0を作成しました。

こちらから本指導案のpdfファイルをダウンロードいただき,皆様方−本学会員,関連学会員、教育現場の方等−のご意見を下記の要領でお知らせくださいますようお願い申し上げます。


 ご意見の締め切り:平成29年9月21日(木)
 ご意見の送付先 :dojoukyouiku@gmail.com

なお、本指導案へのコメントは平成29年9月5日〜7日に開催されます日本土壌肥料学会2017年度仙台大会の土壌教育関連の発表会場でも受け付ける予定です。当日配布しております所定の用紙にご意見を記入いただきまして、回収箱に投函くださいますようお願いいたします。

追記:掲載しておりましたメールアドレスに誤りが見つかり,9月11日に該当箇所を修正しました。既にコメントを送りくださいました方は,お手数ですが,再度メールを送付くださいますようお願いいたします。

土壌教育活動だより 88-4

2017年8月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 土壌教育委員会の教員研修・普及事業を紹介する.2017年6月2~3日,埼玉県日高市・狭山市で開催された自然体験活動指導者養成講座(主催:けやの森自然塾)にて,福田直顧問(武蔵野学院大学)が講師を務め,里山林内の生態観察と講演を行った.参加者は,幼稚園教諭・小学校教諭・大学教員,合わせて32名であった.参加者は林内の植生,昆虫などの生物相の観察,土壌観察などを行った後,林内で見出した教材の指導内容及びその活用法をグループに分かれて話し合った.教材として,「土中の生きもの」,「土の感性を育てる」,「落ち葉の土化」,「土中の水のゆくえと循環」を取り上げたグループは,土に興味を持たせること,土の大切さを子ども達に伝えること,などの指導方法が難しいことを発表した.その後,講師による事例研究や土壌指導の重要性などの講演が行われた.

 次に,仙台大会における取り組みを紹介する.平成29年9月5~7日に開催される日本土壌肥料学会2017年度仙台大会の1日目(9月5日(火))午後(16時以降)に,恒例の高校生ポスター発表会を開催致します.本大会では,15校22課題のエントリーがありました.仙台大会に参加する会員の皆様におかれましては,高校生ポスター会場に足をお運びになり,未来の土壌肥料研究者とディスカッションいただきますようお願い致します.会場およびポスタープログラムは,土壌教育委員会のウェブサイト(http://jssspn.jp/edu/activity/info/posterinfo/)で順次公開致します.

 土壌教育にかかわる活動をされた会員の方は,支部選出の土壌教育委員までお知らせ下さい.委員の連絡先は,土壌教育委員会のウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員のページ」をご覧ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第88巻第4号 掲載)

高校生ポスター発表会(仙台)のお知らせ2 -スケジュールおよびポスタープログラム-

2017年7月26日 Posted in お知らせ Posted in 高校生ポスター発表会のご案内

日本土壌肥料学会2017年度仙台大会では、恒例の高校生ポスター発表会を下記の通りに開催いたします。おかげさまで全国から22課題のエントリーをいただきました。仙台大会にご参加の方は、大会1日目にポスター発表会場(青葉山コモンズ1階エントランスホール,一般ポスター発表と同会場)に足をお運びになり、未来の土壌肥料研究者にアドバイスいただきますようお願いいたします。


日時:平成29年9月5日(火) 大会1日目
    発 表 16:00〜18:00 ポスター発表会場
        ※16:00〜17:00<奇数番号のコアタイム>
        ※17:00〜18:00<偶数番号のコアタイム>
    表彰式 18:00〜18:30 A会場(大講義室)

会場:東北大学青葉山新キャンパス
   (宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)

ポスタープログラム

土壌教育活動だより 88-3

2017年6月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 土壌教育委員会の事業活動を紹介する.平成29年3月19日に桐生自然観察の森(群馬県桐生市)にて,土壌解説板の寄贈式と土壌の観察会を行った.寄贈式では,桐生市より(一社)日本土壌肥料学会宛に感謝状が送られた.観察会では,田村憲司副委員長(筑波大学)が講師を務め,羽生一予研究員(同),筑波大学の学生2人が当日スタッフとして参加した.観察会への参加者は48名(大人18名,子供30名)であった.平成29年4月15日,(一社)日本土壌肥料学会 学会事務所(東京都文京区)にて平成29年度第1回土壌教育委員会を開催した.委員会には,委員11名と担当理事の計12名が出席した.議事の内容は,本年度事業計画と予算について,仙台大会での高校生ポスター発表会の概要,等であった.

 土壌教育にかかわる活動をされた会員の方は,支部選出の土壌教育委員までお知らせ下さい.委員の連絡先は,土壌教育委員会のウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員のページ」をご覧ください.なお,平成29年度より小川直人氏(静岡大学)が中部支部選出の委員となりましたのでご注意下さい.

(日本土壌肥料学雑誌 第88巻第3号 掲載)

高校生ポスター発表会(仙台)のお知らせ_後援追加

2017年5月18日 Posted in お知らせ Posted in 高校生ポスター発表会のご案内

平成29年9月5日〜7日に開催の日本土壌肥料学会2017年度仙台大会におきまして、9月5日(火)に高校生ポスター発表会を下記の通りに開催いたします。詳細は実施要項をご確認ください(宮城県教育委員会から後援をいただきましたので3月24日公開の実施要項等を手直ししました)。なお、過去の高校生ポスター発表会の内容についてはこちらをご覧ください。

■目的
高校生がクラブ活動や課外活動などで行ってきた研究の成果を発表し、研究成果について専門研究者と議論したりアドバイスを受けたりすることに加え、研究者との交流を通じて、更なる研究の発展を考える機会を提供することを目的とします。さらに、この発表会を通じて、高校生が土壌や植物生育、食料生産、環境問題に対して理解と関心を高めるとともに、広く自然科学に対する興味を深め、今後の成長に資することを目的とします。
■主催
一般社団法人 日本土壌肥料学会
■後援
宮城県教育委員会
■日時
平成29年9月5日(火)(大会1日目)午後(16時以降)
■会場
東北大学青葉山新キャンパス(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
■対象
原則として、高等学校または高等学校に相当する教育機関に在籍する生徒であること。国籍は問いません。
■応募資格
対象教育機関の生徒(指導教員も参加可)
■分野
化学、生物、地学、環境学およびそれに関連した科学研究一般の中で、以下のキーワードと関連する分野
キーワード:土壌、肥料、植物栄養、食料生産、環境

土壌教育活動だより 88-2

2017年4月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 土壌教育委員会の教員研修・普及事業を紹介する.平成28年11月4日,埼玉県日高市中沢の雑木林において,自然体験活動指導者養成講座を保育士,幼稚園・小学校教諭の計35名を対象に実施した.福田直委員(武蔵野学院大学)が講師として参加した.講座では,「自然における土壌の役割」を講演し,森林階層構造と土壌構造,土壌断面などの観察を行った.平成28年11月26日,武蔵野学院大学・武蔵野短期大学において,「土のふしぎを考えよう」という題目で「子ども大学」を開催した.「子ども大学」は,地域の子どもを育てる仕組みを創るため,埼玉県が推進している事業である.小学校4年生~6年生(計47名)を対象に,「地球は土のわく星」,「土って何」,「土のはたらき」,「土の生きもの」,「土のしん食」,「土と食りょう」の講義と, 「いろいろな土の観察」,「土の粒子」,「土の吸着」の観察・実験を行った.参加した子どもたちからは,「土のふしぎをたくさん知り,地球の大切なものであることを学べてよかった.これから土に関心を持っていきたい」,「吸着実験で土と砂の違いがよくわかった」,「土にはまだわからない生きものがたくさん住んでいることを聞いて,土がしん食でなくなってしまうことは絶対にさけたい」といった感想が寄せられた.

 次に委員による土壌教育活動を紹介する.平成29年2月15日,那須烏山市立境小学校(栃木県那須烏山市上境)において小学4年生15名,小学5年生11名を対象に里山体験学習を実施した.講師・スタッフは,平井英明委員長(宇都宮大学),宇都宮大学農学部の大学生4名であった.人々の命を支えている土の面積を実感するために,各家庭で食べている年間のお米の重さを調べ,それを,お米の収量(精米で400 kg/10a/年)を基に面積に換算する演習を行った.その後,「なすひかり」,「こしひかり」,「ゆうだい21」について,お米の試食を行った.最後に,児童に里山と都市の写真を見せて,里山と都市の違いについて自由に感じた事柄を発表した.里山には自然が多いことがよく理解できたという声が寄せられた.

 土壌教育にかかわる活動をされた会員の方は,支部選出の土壌教育委員までお知らせ下さい.委員の連絡先は,土壌教育委員会のウェブサイトhttp://jssspn.jp/edu/の「委員のページ」をご覧ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第88巻第2号 掲載)

委員名簿の一部変更

2017年4月 1日 Posted in 更新情報

土壌教育委員会の2016年度・2017年度委員名簿の一部を変更しました。

2016年度・2017年度土壌教育委員会(一部変更)

2017年4月 1日 Posted in その他の情報

2017年4月に1名の委員が交代しました(変更箇所は*印,交代委員の任期は前委員の残りの任期となります)。

名前役職所属
平井英明委員長宇都宮大学
田村憲司副委員長筑波大学
赤羽幾子事務局長農業環境変動研究センター
村野宏達教材開発担当名城大学
木村 武学会副会長JA全農
三枝俊哉北海道支部酪農学園大学
佐々木由佳東北支部山形大学
森 圭子関東支部埼玉県立 川の博物館
小川直人中部支部(*)静岡大学
藤間 充関西支部山口大学
森 裕樹九州支部九州大学

顧  問  :福田 直(武蔵野学院大学)
教育担当理事:菅野均志(東北大学)

任期:2016年4月〜2018年3月

土壌教育動画03:土壌の生き物を調べる

2017年3月17日 Posted in 出版物・教材 Posted in 動画集

土壌を題材(主役)にしたイベント? そんなの面白いの? 多くの方が抱くこのような疑問に応えるため,私たちが実施したイベントの様子や観察実験の詳細を土壌教育動画集として公開します。

今回公開する土壌教育動画は「土壌の生き物を調べる」です(再生時間 1分50秒)。動画の撮影は2016年7月19日に行い,編集は村野宏達委員(名城大学)が担当しました。

土の中にはたくさんの動物が住んでいるよ。落ち葉がこまかくなるのは、たくさんの動物や微生物が落ち葉を食べているからだ。土の中にどんな生き物がいるか探してみよう。

土壌教育動画02:土壌の呼吸を調べる

2017年3月17日 Posted in 出版物・教材 Posted in 動画集

土壌を題材(主役)にしたイベント? そんなの面白いの? 多くの方が抱くこのような疑問に応えるため,私たちが実施したイベントの様子や観察実験の詳細を土壌教育動画集として公開します。

今回公開する土壌教育動画は「土壌の呼吸を調べる」です(再生時間 1分55秒)。動画の撮影は2016年8月23日に行い,編集は村野宏達委員(名城大学)が担当しました。

土の中には動物や微生物などの生き物がたくさん住んでいるよ。生き物は呼吸をして、人間と同じように二酸化炭素を出す。土の生き物の呼吸を調べてみよう。