土壌教育委員会がかかわる活動を紹介

土壌教育活動だより 93-2

2022年4月 5日 Posted in 土壌教育活動だより Posted in お知らせ

 委員による活動を報告します.森圭子委員(埼玉県立川の博物館)は,2021年10月16日に,同博物館において体験教室「土の中の生き物を探せ!」を催しました.参加者は7名でした.土の採取,ハンドソーティングによる大型土壌動物の観察,ツルグレン装置による中型土壌動物の観察を行いました. 2021年11月1日に,埼玉県深谷市の小学校において,同委員が出前授業「地面をつくる土の粒と雨水の行方」を行いました.校内の土を用いて水の浸み込み方を調べました.同博物館において, 2021年11月14日~2022年1月4日まで,同委員は,「カラフルで模様つきの土?!」と題してモノリス展示を行いました.この展示の解説動画を世界土壌デー記念として作成し,同館ウェブサイトから閲覧できます.2021年11月28日に,同博物館において,同委員はワークショップ「土のすきまを調べよう」を催しました.参加者は24名でした.水槽と土壌コアを用いて,土のすきまを調べる実験のデモンストレーションをおいおないました.森圭子委員(同),浅野眞希委員(筑波大学),藤井一至氏(森林総合研究所),平山良治氏(埼玉県立川の博物館),加藤拓氏(東京農業大学)は,世界土壌デーを記念して,国立科学博物館の日本館に常設展示されているモノリスについて解説した動画「国立科学博物館の土壌モノリス標本で土について学ぼう!2021版」を作成しました.動画は,国立科学博物館公式のかはくチャンネル,日本土壌肥料学会公式ウェブサイト(http://jssspn.jp/info/notice/notice/post-4.html)から閲覧できます.森圭子委員(同)は,12月5日(日)13:30~15:30に「世界土壌デー記念・土でアート作品づくり」を行いました.4種類の土を使い,パネルに貼った小川和紙に絵を描き,土の色のちがいについて楽しみながら学んでいただきました.付き添いを含む参加者は17名でした.埼玉県内の中学校において,2022年2月8日に,同委員は「土」をテーマに出前授業を行いました.土の成り立ちや役割などについて,モノリスの観察と併せて講義しました.丹羽勝久委員((株)ズコーシャ)は,2022年2月19日にオンラインで開催された「地球温暖化防止セミナー」(十勝総合振興局主催)において,「土づくりが温室効果ガスを削減??〜作物生産と環境の調査を目指して〜」のテーマで講演を行いました.このセミナーは,地球温暖化やSDGsのことを知ることを目的に行われ,同委員は、農業分野の中でも特に畑地土壌からN2Oが温室効果ガスとして発生しているが,土づくりにより作物が元気になれば窒素吸収効率が上がりN2Oの発生量が少なくなること,作物生産向上のための排水改良がN2O削減に貢献すること等を報告しました.また、土壌に関連するSDGsの目標を紹介しました.

 最後に会員による活動を報告します.松中照夫氏(酪農学園大学名誉教授)は2021年度いしかり市民カレッジにおいて,令和3年度まちの先生企画講座「家庭菜園の土の健康診断をしてみよう」の講師をつとめました.講座は4回シリーズで,第1回「良い土とはどんな土?−家庭菜園の土のチェックポイント4つ」(10月8日:受講者16名),第2回 土の厚みと硬さ、排水と水持ちの良否を調べる(10月15日:受講者18名),第3回「土の酸性度(pH)と作物の栄養分の良否を調べる」(10月22日:受講者18名),第4回「家庭菜園の土を良い土にするための対策」(10月29日:受講者19名)が,石狩市公民館で行われました.受講者は熟年の家庭菜園愛好家の方々で,毎回宿題を出し、その宿題をやって次回の講座へ来るというしくみで,単純な座学ではないことから,受講生の方々も満足されていたようでした.講座の内容は「いしかり市民カレッジ」のウェブサイトで見ることが出来ます.(リンク先:第1回第2回第3回第4回

(日本土壌肥料学雑誌 第93巻第2号 掲載)

高校生による研究発表会(東京)のお知らせ2

2022年4月 1日 Posted in お知らせ Posted in 高校生の方へ

日本土壌肥料学会2022年度東京大会(2022年9月13日(火)〜 15日(木))において高校生による研究発表会を開催いたします。発表は対面によるポスター形式です。発表および申込の詳細は実施要項をご参照ください。

■対象
高等学校または高等学校に相当する教育機関に在籍する生徒であること。
国籍は問いません。
■応募資格
対象教育機関の生徒(引率教員も参加可)
日本土壌肥料学会に加入する必要はありません。
■分野
化学、生物、地学、環境学およびそれに関連した科学研究一般の中で、
以下のキーワードと関連する分野
【キーワード】 土壌,肥料,植物栄養,食料生産,環境
■発表日時
2022年9月13日(火)(コアタイムは後日公表します)
■申込方法
申込用紙(様式1)に必要事項を記入し、講演要旨を要旨ファイル(様式2)に本文400字以内で入力の上、下記の申込み先(E-mail:soileducation2022@gmail.com)までEメールにて、送付ください。期限厳守にてお願いいたします。
【発表申し込み・講演要旨の提出〆切】2022年5月25日(水)(必着)
■申込み先
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1
 筑波大学 生命環境系
 浅野 眞希(日本土壌肥料学会土壌教育委員)
 Tel: 011-388-4818 Fax: 011-388-4818
 E-mail:soileducation2022@gmail.com

土壌教育活動だより 93-1

2022年2月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 委員による活動を報告します.豊田委員(香川大学)は,11月7日に香川県公渕森林公園において開催された,香川の森づくり活動レベルアップ講座(主催:香川県みどり整備課)森林環境教育コース「森林生態系と土壌動物の観察」の講師をつとめました.午前は日本の森林,土壌と森のつながりに関する講義後,野外実習として森林土壌の観察,落ち葉と土壌,土壌動物の採集を行いました.午後は野外実習で持ち帰った土壌から土壌動物をみつけ,森林学習展示館において,講師から土壌動物について体節の数,脚や眼の退化,脚の数など同定に関する簡単な説明があり,各自、簡易実体顕微鏡を用いた観察と同定を行いました.4グループに分かれ,土壌動物のハンドソーティングを体験し,同時に土壌動物の標本解説をグループごとに実施しました.主催者の香川県みどり整備課から参加対象者は香川県内在住の森林に関心のある18才以上,募集人数15名程度(先着順)として募集があり,当日の参加者は20代〜70代の16名でした。福田顧問(武蔵野学院大学)は,12月17日(金)に狭山市内認定こども園にて講話を行いました.この講話は,市内園長会からの依頼を受けたもので,講話の対象は園児(年長児)29名,出席者は園長,主任,担任であった.概要は主題「つちってなあに」であり,①つちってなんだろう,②つちのできかた,③つちのはたらき,④つちのけんこう,について園児による観察・実験を交えつつ,パワーポイント,土壌モノリスを使って講話し,活発な質疑応答が行われました.最後に,地球上の土の健康状況について講話した後,身近にできるSDGsへの取組について園児から様々な実践案を発表してもらいました.

 最後に会員による活動を報告します.中尾淳氏(京都府立大学)は,11月21日に京都府立植物園において開催されたサイエンスツアー「落ち葉観察 〜落ちてから土になるまで〜」(主催:京都府立大学新自然史科学創成センター)の講師をつとめました(サポートスタッフ:中井貞氏,平塚健一氏(京都府立植物園)).対象は親子連れ7組(計18名)でした.植物園会館で簡単な内容紹介の後,園内を散策し,クヌギやピンオークの雑木林で落ち葉が土の成分に変わるしくみを説明し,子供たちに落ち葉を手に取ってもらいました.その後室内に戻り,ツルグレン装置と顕微鏡を使って土壌動物(落ち葉の分解者)を探してもらいました.しばらく探索を楽しんでもらい,最後は自分で発見した生き物のイラストで缶バッジを作ってもらいました.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第93巻第1号 掲載)

高校生による研究発表会(東京)のお知らせ

2022年2月 2日 Posted in お知らせ Posted in 高校生の方へ

2022年9月13日~15日に開催の日本土壌肥料学会2022年度東京大会におきまして、高校生による研究発表会を開催いたします。

詳細は決まり次第、委員会公式Webサイトに掲載いたします。

過去の高校生による研究発表会(旧称:高校生ポスター発表会)の内容についてはこちらをご覧ください。

土壌教育活動だより 92-6

2021年12月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会2021年度北海道大会では1日目の2021年9月14日(火)に北海道教育委員会の後援を受け,恒例の「高校生による研究発表会」を開催しました.開催方法は昨年度に引き続きLINK Bizを用いたオンライン発表となりました.コロナウイルスの影響により課外活動が制限を受ける中ですが,昨年度の12課題を上回る18課題(10校)の発表申込が全国からありました.発表会当日のコアタイム,そしてコアタイム以外の時間にも,北海道大会一般参加者延べ99名から,各発表課題のポスターや発表動画に対してコメントが寄せられ,チャット機能を活用した熱心な質疑応答が行われました.会長,大会運営委員長および土壌教育委員による審査の結果,最優秀賞として「トマトの水耕栽培により排出される根の残渣活用に関する研究―シマミミズによるリンの循環-(愛知県立安城農林高等学校 園芸科 施設野菜研修班 ),優秀賞として「ドローンを利用した土壌の乾燥過程マップの作成」(北海道士幌高等学校 アグリビジネス科),「エコロジカルサニテーショントイレによる糞便の堆肥化」(宮城県仙台二華高等学校 グローバルスタディ課題研究Ⅲ),「キシャヤスデの物理運動について」(山梨英和高等学校 自然科学部)が選ばれました.また,全課題に発表証明書を授与しました.全体の発表に関する講評および一部の受賞者の写真を土壌教育委員会のHPに掲載しています.

 委員による活動を報告します.10月26日(火)に,狭山市内小学校の招聘講師(狭山市教育委員会)として福田顧問が出前授業を担当しました.第4学年3クラス(各クラス27名の合計81名)の「総合的な学習の時間」の授業を担当し、「土砂災害の起こるしくみから防災を考える」を実践しました.土壌モノリスによる断面観察及び表土・下層土・砂の違い(五感),土壌中の水移動観察,土砂崩れモデル実験(傾斜角と水量)などを行った後,児童らは観察・実験のまとめ,ハザードマップや土砂災害の前兆現象,雨量と災害発生状況などを参考にしながら防災についてのグループ討論,質疑,まとめ,発表を行いました.授業後の自由記載文から,多くの児童らは土砂災害発生のしくみを科学的に捉えて,防災の意義を深く学んでいたことが伺えました.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第92巻第6号 掲載)

土壌教育動画11:土の生き物を調べよう3 - 室内編

2021年11月 1日 Posted in 出版物・教材 Posted in 動画集

土壌を題材(主役)にしたイベント? そんなの面白いの? 多くの方が抱くこのような疑問に応えるため,私たちが実施したイベントの様子や観察実験の詳細を土壌教育動画集として公開します。

今回公開する土壌教育動画は「土の生き物を調べよう3 - 室内編:落ち葉の下の生き物観察会(森林学習展示館)」です(再生時間 6分04秒)。動画の撮影は2020年11月15日に公渕森林公園森林学習展示館で行い,講師は豊田鮎委員(香川大学),撮影は上村祐己(香川大学),編集は上村祐己(香川大学),村野宏達委員(名城大学),豊田鮎委員(香川大学)が担当しました。

集めてきた落ち葉や土の中の生き物には、どんな生き物がいるのでしょうか?
土の中を動く小さな生き物を探し、どのような形をもつのか調べてみよう。

土壌教育動画10:土の生き物を調べよう2 - 野外編

2021年11月 1日 Posted in 出版物・教材 Posted in 動画集

土壌を題材(主役)にしたイベント? そんなの面白いの? 多くの方が抱くこのような疑問に応えるため,私たちが実施したイベントの様子や観察実験の詳細を土壌教育動画集として公開します。

今回公開する土壌教育動画は「土の生き物を調べよう2 - 野外編:落ち葉の下の生き物観察会(公渕森林公園)」です(再生時間 1分43秒)。動画の撮影は2020年11月15日に公渕森林公園で行い,講師は豊田鮎委員(香川大学),撮影は上村祐己(香川大学),豊田鮎委員(香川大学),編集は上村祐己(香川大学), 村野宏達委員(名城大学),豊田鮎委員(香川大学)が担当しました。

森に出かけて落ち葉をめくってみましょう。落ち葉と土、菌類を食べて、ひっそりと暮らす小さな生き物が落ち葉や枯れ枝の下に隠れていますよ。

高校生による研究発表会(北海道)2021-09-14

2021年11月 1日 Posted in 主催行事 Posted in 高校生による研究発表会

 日本土壌肥料学会2021年度北海道大会では1日目の2021年9月14日(火)に北海道教育委員会の後援を受け,恒例の「高校生による研究発表会」を開催しました.開催方法は昨年度に引き続きLINK Bizを用いたオンライン発表となりました.
 コロナウイルスの影響により課外活動が制限を受ける中ですが,昨年度の12課題を上回る18課題(10校)の発表申込が全国からありました.
 発表会当日のコアタイム,そしてコアタイム以外の時間にも,北海道大会一般参加者延べ99名から,各発表課題のポスターや発表動画に対してコメントが寄せられ,チャット機能を活用した熱心な質疑応答が行われました.

愛知県立安城農林高等学校
愛知県立安城農林高等学校のオンライン発表,質疑応答の様子

北海道士幌高等学校
北海道士幌高等学校のオンライン発表,質疑応答の様子

 会長,大会運営委員長および土壌教育委員による審査の結果,最優秀賞1課題,優秀賞3課題が選ばれました.

最優秀賞(1課題)
トマトの水耕栽培により排出される根の残渣活用に関する研究―シマミミズによるリンの循環-(愛知県立安城農林高等学校 園芸科 施設野菜研修班 )

優秀賞(3課題)
ドローンを利用した土壌の乾燥過程マップの作成(北海道士幌高等学校 アグリビジネス科)

エコロジカルサニテーショントイレによる糞便の堆肥化(宮城県仙台二華高等学校 グローバルスタディ課題研究III)

キシャヤスデの物理運動について(山梨英和高等学校 自然科学部)

土壌教育活動だより 92-5

2021年10月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 委員による活動を報告します.7月11日に、丹羽委員(株式会社ズコーシャ)が千曲川ワインアカデミー(主催者:日本ワイン農業研究所「アルカンヴィーニュ」)において,「日本の土壌とワインづくり」の講座の講師をつとめました.講座は、ワイナリー,ヴィンヤード開設を希望していたり,ワインに関する造詣を深めたい受講生(会場参加23名,オンライン参加28名)を対象とし,座学で日本の土壌の特徴,醸造用ぶどうに関連する施肥標準と土壌診断,土壌水分と醸造用ぶどうの糖度・酸度との関係,さらに有機農業を科学的視点で解説しました.現地実習(会場参加者のみ)として開催場所周辺区域の土壌断面(黒ボク土、灰色台地土)を観察しました.7月24日(土)~7月30日(金)の9:30~12:00の間,狭山市内15小学校の児童(第4学年~第6学年)を対象とした科学実験教室「土の教室−土のふしぎを解き明かそう!」(各20名募集)を開催し(子どもゆめ基金助成,狭山市教育委員会後援),福田顧問が講師をつとめました(指導協力者2名).総計66名の参加があり,新型コロナウィルスによる感染症や熱中症などの防止に万全を期して,狭山市立水富公民館で実践しました.内容は,土の保水能や浄化能,土壌動物,地面の傾き・土の粒の大きさと水の流れ方・しみ込み方などを探究する観察・実験,話し合い・発表などを行いました.アンケート調査から,「楽しかった」,「土の理解が進んだ」,「土の実験が面白く,わかりやすかった」などとした児童が多く,ほぼ全員から「土に興味を持った」との感想があり,大きな収穫となりました.森圭子委員(埼玉県立川の博物館)は埼玉県立川の博物館において2021年7月25日から8月30日まで,「日本を代表する土、ちょっと珍しい土」と題してモノリス5点の展示を行いました.

 支部における活動を報告します.中部支部では,7月18(日)に豊田市自然観察の森において「夏休みの自由研究に!土の不思議に迫る」を開催しました.参加者は,新型コロナ対応のため例年の半数程度に絞り,親子を中心に12名でした.講師は,礒井俊行氏・村野宏達氏(名城大学),岡村穣氏(元名古屋市立大学),小山博之氏(岐阜大学),瀧勝俊氏(愛知県農業総合試験場),山崎真嗣氏(岐阜県環境管理技術センター)の6名でした.内容は,森の中での植物と土の観察,室内実験(吸着・土壌動物),ミニモノリス作りでした.この事業は今回が15回目です.

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第92巻第5号 掲載)

土壌教育活動だより 92-4

2021年8月 5日 Posted in お知らせ Posted in 土壌教育活動だより

 日本土壌肥料学会北海道大会初日の9月14日(火)に「高校生による研究発表会」を北海道教育委員会の後援で開催します.一般発表と同様にLINC Bizシステムを用いた発表形式で行い,コアタイムは16:30〜18:00です.全国の高校から18課題(10校)の発表が行われます.多くの方の参加と,活発な議論をお願い致します.

 委員による活動を報告します.4月6日に,狭山市内学童クラブ主催の観察会が行われ,福田顧問(武蔵野学院大学)が講師をつとめました.小学生・保護者21名が参加し土掘り体験,断面観察,泥団子づくりなどを行いました.児童らは全員土掘りが初めての体験であり,泥団子づくりとともに親子で楽しんでいました.五感により,土の層位と土色・土性・硬度などを確認しました.5月6日(木)に狭山市立教育センターで狭山市内小中校長会(27校)が行われ,福田顧問が出前授業「土のふしぎを探る」の内容を紹介するプレゼンを行いました.小学校では「雨水の行方と地面の様子」など,中学校では「土壌断面観察」などの授業案を説明した.森圭子委員(埼玉県立川の博物館)は埼玉県立川の博物館において2021年5月2日から6月20日まで,「身近な土、世界の土」と題してモノリス10点の展示を行いました.また6月3日からは雲仙普賢岳の大規模火砕流発生から30年の節目に,当時発生した火砕流の堆積物を示すモノリスを併せて展示しました(6月末日まで).

 本欄では会員の皆様の土壌教育活動も紹介します.情報をお持ちの方は支部選出の土壌教育委員までお知らせください.なお,土壌教育委員会の現在の構成は公式ウェブサイト http://jssspn.jp/edu/ の「委員」をご確認ください.

(日本土壌肥料学雑誌 第92巻第4号 掲載)